〜コンサルティングから生まれた賃金制度・診断・構築支援ツール〜
 社会保険労務士・人事コンサルタントの先生方が使われているソフトがあります。                

■ 賃金制度策定・構築 ■


★賃金制度の再構築は難しいものではありません。但し、構築ツールは必要です。
        
【カテゴリー】 人事Q&A

「企業を伸ばすための人事評価制度の条件」とは、どのような条件と考えるのが妥当でしょうか?
「企業を伸ばす為の人事評価制度の条件」を考える時、次のように考えるべきです。

 現在及び今後の経営環境を考える時、もはや人事制度が「狭義の労務管理」の世界に閉じこもっているのは 〜

【人事Q&A】

「能力主義」「成果主義」導入を考えていますが、効果を上げるために重要な事は何でしょうか?
 まず、「『能力主義』『成果主義』導入について何を中心に考えるべきか」が重要です。
 これについては、「賃金」を中心に検討される企業がかなりあります。すなわち、評価制度は従来の基本的な所は 〜

【人事Q&A】

「能力主義賃金」を導入したのですが、セミナーを聴くと「疑問」が生じました。我が社が「能力主義」かどうかは判断するには?
 まず、「『能力主義』『成果主義』導入について何を中心に考えるべきか」が重要です。
 これについては、「賃金」を中心に検討される企業がかなりあります。すなわち、評価制度は従来の基本的な所は 〜

【人事Q&A】

「能力主義」の導入に当たり、基本給は一本化すべきでしょうか?
「能力主義」の導入に当たり、基本給は一本化すべきでしょうか?  それとも「本人給」「職能給」と二分すべきでしょうか?    (基本給は一本化すると能力主義から離れる)  以下の理由により、「本人給」 〜

【人事Q&A】

現状の人事制度は賃金制度も含めて運用は『能力主義』ではない企業が多い、ということですが、
現状の人事制度は賃金制度も含めて運用は『能力主義』ではない企業が多い、ということですが、データがあれば教えて下さい。

 「能力発揮主義・成果主義・業績主義」とは、簡単に言えば、


【人事Q&A】

社員の評価を「相対主義」で考えるべきでしょうか、それとも「絶対主義」で考えるべきでしょうか?
(モグラ叩きゲームの時代は終わった。           相対評価では企業は生きていけない。)   人事評価における「相対主義(相対評価)」とは、評価をする時に、AさんとBさんを比較するとAさんが上 〜

【人事Q&A】

評価は「絶対評価」が妥当である、とのことですが、業績は変動しますし……
【質問】 評価は「絶対評価」が妥当である、とのことですが、業績は変動しますし、賞与においても原資が変わるから、相対的になるのではないでしょうか? 【回答】  「評価の問題」と「配分の問題」を分けまし 〜

【人事Q&A】

「絶対評価」なら、賃金総額が膨大になって支払いが大変にならないでしょうか?
【質問】  もし全員がA評価だった場合、「絶対評価」なら、賃金総額が膨大になって支払いが大変にならないでしょうか? 【回答】  絶対主義ではそういう結論にはなりません。    そのような結論になるの 〜

【人事Q&A】

相対主義に「目標管理制度」をプラスして補完する考え方は
【質問】  人事評価の相対主義は業績を問わないので会社を危うくする、と言われますが、相対主義に「目標管理制度」をプラスして補完する考え方はいかがでしょうか? 【回答】  この問題を考えるには、体系と 〜

【人事Q&A】

「どのような考えの人事制度を選択するか」という検討と経営者の役割
「どのような考えの人事制度を選択するか」という検討も、経営者の役割ではないのだ、と思っていませんか?  ある中小企業経営者がコンサルタントに相談に行かれた時のことです。  その経営者は高い営業力で会 〜

【人事Q&A】


 [次のページ]
カテゴリー
・[トップ]
・人事Q&A
・賃金制度
・退職金制度
・賃金診断
・構築ツール

賃金制度構築支援ツール
・賃金診断ツール
・賃金制度構築・運用ツール
・ポイント制退職金制度・構築ツール

特別レポート
■「社会保険労務士が業績を拡大する法」
■なぜ中小企業の「賃金制度の再構築」には手間がかかるのか
■「退職金支出予定額」が急激に増加していませんか、その対策法とは?
■「決定された事項の実行度合いが低い、と感じておられる経営者の方へ」

賃金制度再構築のポイント
・「賃金制度・給与体系再構築」の必要性を認識されていますか
・本格的な賃金制度の再構築を、自社で正しく行う法
・賃金診断・賃金制度策定の生産性を高める法

賃金診断の方法
・賃金制度・賃金体系再構築に不可欠な「賃金診断・分析」のポイントとは
・「賃金診断」における比較データとは、どのようなものか?
・社員年齢構成分析(賃金原資のアップ傾向の分析)
・賃金体系の分析(自社賃金のゆがみ・散らばり 分布型)
・賃金水準の分析(賃金の高さ)
・生計費と所定内賃金
・「職種別」「部門別」「学歴別」賃金分析について
・御社の賃金制度は、評価からのチェックが行われていますか?

経営冊子・経営CD
経営冊子・経営CD

コンサルティング・会社概要
コンサルティング・会社概要

お問い合わせ
お問い合わせは、ここをクリック!


メールマガジン登録「会社の◆経営体質を診断する!」

★ついに正会員用レポート 1,400編達成!

【経営アップする会・正会員】

Copyright(C)2008-2015 Keieisystem Consulting Co.Ltd. All Rights Reserved.

経営コンサルティング・WEB研修・WEB講座