〜コンサルティングから生まれた賃金制度・診断・構築支援ツール〜
 社会保険労務士・人事コンサルタントの先生方が使われているソフトがあります。                

■ 賃金制度策定・構築 ■


★賃金制度の再構築は難しいものではありません。但し、構築ツールは必要です。
        

本格的な賃金制度の再構築を、自社で正しく行う法


 賃金制度を再構築する際には、経営コンサルタントや人事コンサルタントに依頼する会社が多いものです。

 賃金制度を再構築するためには、押さえなければならない項目が多く、企業が独自で行うには、なかなか大変だからです。

 賃金制度を再構築する際に押さえる必要があるのは、経営者の戦略や社員処遇についての考え方、会社の業績及び業績の推移のみならず、現状の評価制度・昇進制度・賃金制度についての問題点、現状の賃金実態の問題点等です。

 しかし、それらは簡単ではありません。
 経営者の考え方・業績等は把握したとしても、現状の評価制度・昇進制度・賃金制度についての問題点をどのように把握すればよいのか、また、現状の賃金実態に存在する問題点をどのように把握するのか等は、なかなか簡単には行えないからです。

 さらに、それらの問題点を踏まえて、我が社では、どのような制度にしたら良いのかの判断も行わなければなりません。これもある程度の経験が必要となります。

 そこで、今までは経営コンサルタントや人事コンサルタントに依頼する会社が多かったのです。

 その場合に考えておく必要があるのが、賃金制度策定と評価制度策定のどっちにウェイトを置くかという事です。

 評価制度策定より賃金制度策定にウェイトを置いている人が多いようです。

 なぜ賃金制度に力を入れて評価制度は簡単に作成していたのでしょうか。

 それは、評価制度は人事評価シートを作るのが中心で、その評価シートは、職種毎に評価要素を決めて、評価要素にウェイトを付けるだけで良いと考える人が多いからと考えられます(本来はそうではないのですが)。

 これに対して、賃金制度は会社の昇給原資に大きく影響します。
 つまり賃金制度は人件費の額に大きく影響するので、専門家に依頼した方が良いと考える人が多かったのではないかと考えられるのです。

 しかし、もし会社を発展させたいと考えるのであれば、この考え方を変える必要があります。

 なぜなら、社員の行動を変えるのは「どのように評価されるか」ということであって、賃金制度の仕組みではないからです。
 ですから、「賃金制度策定」よりも「評価制度策定」に費用をかけるべきなのです。

 実際、経営コンサルタントが、賃金制度・評価制度の改善を行う場合には、評価制度から手掛けるのです。評価制度を策定した後で賃金制度を策定するのです。

 今回は更に指摘しましょう。

 賃金制度策定を自社で行う方法があるのです。

 それは、評価制度は、会社毎に評価項目を検討する必要があるのに対して、賃金制度の策定はほとんどパターン化されているからです。
 ですから、コンピュータで処理する事が可能なのです。
 
 説明しましょう。

●賃金体系

 賃金体系としては大きく次の3つに分かれます。
・基本給一本型(責任等級制・役割成果対応型など)
・本人給・職能給(職務給)型
・年齢給・勤続給・職能給(職務給)型

 また、職能給のテーブルとして代表的なものは、次の4つの賃金表です。

●賃金表  

・号俸表
・昇給表
・段階号俸表 
・複数賃率表

 これらは数字の組立と展開です。
 コンピュータがもっとも得意とするところです。

●賃金診断

 問題は、
 賃金診断をどうするかです。

 また、現状の制度の問題点をどのように把握するかです。
 賃金制度切り替え時には、賃金原資が増加しますが、できるだけ増加を抑えたいものです。

 実は、これらの問題もシステム化することによって解決出来るのです。

 例えば、賃金制度切り替え時の賃金原資増加を抑えるには、その会社の賃金分析を行って、実態に近い状態で切替できる賃金制度を構築できるようにすれば良いのです。

 賃金診断もシステム化できます。
 現状の制度の問題点もチェックシートの利用でシステム化できるのです。

 つまり、賃金制度の策定は、システム化することで、策定が容易に行えるのです。

 この考え方から、当社では、ソフト「賃金制度構築・運用ツール」を作成しており、人事コンサルタント・社会保険労務士の方々にご利用頂いております。

 ソフトは一般企業でもご利用されています。

 コンピュータで行えることはコンピュータにやらせることです。

 御社では、賃金制度は、どのように構築されていたでしょうか。
 
  株式会社 経営システム支援機構 山田勉

★ソフト「賃金制度構築・運用ツール」のご案内は、ここをクリック


カテゴリー
・[トップ]
・人事Q&A
・賃金制度
・退職金制度
・賃金診断
・構築ツール

賃金制度構築支援ツール
・賃金診断ツール
・賃金制度構築・運用ツール
・ポイント制退職金制度・構築ツール

特別レポート
■「社会保険労務士が業績を拡大する法」
■なぜ中小企業の「賃金制度の再構築」には手間がかかるのか
■「退職金支出予定額」が急激に増加していませんか、その対策法とは?
■「決定された事項の実行度合いが低い、と感じておられる経営者の方へ」

賃金制度再構築のポイント
・「賃金制度・給与体系再構築」の必要性を認識されていますか
・本格的な賃金制度の再構築を、自社で正しく行う法
・賃金診断・賃金制度策定の生産性を高める法

賃金診断の方法
・賃金制度・賃金体系再構築に不可欠な「賃金診断・分析」のポイントとは
・「賃金診断」における比較データとは、どのようなものか?
・社員年齢構成分析(賃金原資のアップ傾向の分析)
・賃金体系の分析(自社賃金のゆがみ・散らばり 分布型)
・賃金水準の分析(賃金の高さ)
・生計費と所定内賃金
・「職種別」「部門別」「学歴別」賃金分析について
・御社の賃金制度は、評価からのチェックが行われていますか?

経営冊子・経営CD
経営冊子・経営CD

コンサルティング・会社概要
コンサルティング・会社概要

お問い合わせ
お問い合わせは、ここをクリック!




メールマガジン登録「会社の◆経営体質を診断する!」

★ついに正会員用レポート 1,400編達成!

【経営アップする会・正会員】

Copyright(C)2008-2015 Keieisystem Consulting Co.Ltd. All Rights Reserved.

経営コンサルティング・WEB研修・WEB講座